« バレンタインアレルギー | トップページ | あいのりが終わりました。 »

2009年3月 2日 (月曜日)

落花生

私の頭くらいの、

私とあなたをつなぐ割と丸い穴。

 

 

私とあなたは愛で繋がれない。

奇跡的に、あなたと隣。

では、生まれて早々あなたに

恋した私はどうすればいいでしょう?

 

あなたはいつ目覚めるかしら?

あなたが目覚めたら私、この手

、伸ばすの。

 

 

少しでも姿勢を変えようものなら

肌と壁がこすれてしまう

この小さな部屋だから、

(私が大きいだけかもね。)

あなたの部屋に行くのは到底無理ね。

 

だから

だから

 

あなたが目覚めたら

私 手を伸ばすの

 

最低、応えてくれなくてもいい

その時は、この部屋が崩れるまで

眠ったふりをしていて。

自分勝手なお願いをごめんなさい

 

なにせ、この狭い部屋ふたつ、

私とあなた、別々の部屋に

仕切り無く、お互い生まれた時から

”初めまして” ですから、

お互いがお互いの存在に気付いても

もしかしたら恋はおろか

友情なんて生まれないでしょうね。

 

そして、私たちは

私たちのどんな意見も虚しく

食べられてしまう身ですから

もしも、

もしもここで恋が生まれたとしても

永遠に繋がれないですね。

 

 

世間から隔離された二つの世界

 

 

単純だ

 

私には生まれた時から

あなたにしか恋出来ない

 

同じように

あなたも生まれた時から

私にしか恋できない

 

 

恋をしてごめんなさい

 

死ぬときは一緒でごめんなさい

 

|

« バレンタインアレルギー | トップページ | あいのりが終わりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バレンタインアレルギー | トップページ | あいのりが終わりました。 »