« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の2件の投稿

2009年3月24日 (火曜日)

あいのりが終わりました。

まあ、最近になってまた

毎週観るようになったんですけど、

 

あいのり。

 

最近観るようになったのに!!

月曜の23時といったらもう…みたいな

ノリであいのり楽しみだったのに!!

 

なんか、三月一杯で番組終了、みたいな。

 

なんや、

無期限の旅だったんちゃうん?

まあ、大人の事情というやつですね。

世の中は「永久的」とか「無期限」とか

さも一生続けるかのごとくその言葉たちを

使いますが、始まりには終わりがあるのが

絶対なので、「半」をつけるべきです。

 

その物が壊れない限り絶対に

一生続く。

 

等速直線運動です、もうなんでもいいです。

 

 

まあ、つまり、予想外だったという事です。

 

あいのりがいきなり終わってしまうという事が。

 

「無期限」という言葉を

ちょっと信じすぎてました。

 

 

普段から、

体育座りで何気なくテレビをみてるときも、

CMに行くまえの大げさなテロップをみて

なんだか、なんていうか、こっぱずかしい

気持ちになっていたわけです。

 

例えば、別にその芸人がキレる予定もないのに

「このあと、●●マジギレ?!」みたいな

そんなテロップを載せてみたりとか。

 

盛り上げたい気持ちはわかります。

私ら視聴者にとってテレビは娯楽でも、

その番組を作っている人たちにとっては

これも仕事ですからね。

必死なのは分かります。

でもね、なんか、萎えるわけですよ。

ああ、またそういう…。みたいな。

 

テロップとかね、テレビででる

その、、言葉とか説明とかは、出来るだけ

真にうけないようにはしようと思ってた。

あいのりはね、

なんていうか、そういう大げさなテロップとか

無駄に期待をさせたりとかそういうのが

あまり無かったから、賭けをするような

感覚で楽しめた。わくわくしたね、他人事ながら。

多分みんなそうだと思う。

 

他人の恋愛観って面白い。

どうしてこんなに人の告白みて

自分の心がキュンてなるんだろう。

どうして自分が相手に告白してるような

気持ちになるんだろう。

なんだか暖かいきもちになるよ。

 

すごいよ、台本もなにもないのに。

なんだかリアルで。

リアルってかまあ本物なんだけど。 

あいのりを見始めて、

テレビの前(いつもワンセグでみてるから

正しくは携帯の前なんですが)で体育座りして、

時には一人で「うざっ」とか呟いてみたり、

時には涙が出そうになったり、

時には無意識に拍手を送ってみたり、

 

彼らと一緒に一喜一憂しました。

 

誰かがフラれれば自分もフラれたような

どん底の気分になりましたし、

誰かが両想いになれたら自分も

とても胸がドキドキしましたし、

友達の恋模様をみてるみたいでした。

 

テレビの番組にたいして

これほどまでに

期待とか、

恋みたいなドキドキとか、

現在の自分自身では体験していない感覚とか、

そういったものを感じたのははじめてです。

 

無駄にいろいろ感じすぎなんだと思いますが。

 

車は国ごとにかわってったけど、

ラブワゴン、9年半お疲れ様でした。

 

しばらくは

あいのりを越すような番組はでないかなー。

えっと、自分のなかではの話ね。

恋愛観なんちゃら、っていうのは

グータンヌーボとかぶってるよね(笑)

はは、全然ちげー

 

 

おつかれ

 

おやすみ

 

 

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月曜日)

落花生

私の頭くらいの、

私とあなたをつなぐ割と丸い穴。

 

 

私とあなたは愛で繋がれない。

奇跡的に、あなたと隣。

では、生まれて早々あなたに

恋した私はどうすればいいでしょう?

 

あなたはいつ目覚めるかしら?

あなたが目覚めたら私、この手

、伸ばすの。

 

 

少しでも姿勢を変えようものなら

肌と壁がこすれてしまう

この小さな部屋だから、

(私が大きいだけかもね。)

あなたの部屋に行くのは到底無理ね。

 

だから

だから

 

あなたが目覚めたら

私 手を伸ばすの

 

最低、応えてくれなくてもいい

その時は、この部屋が崩れるまで

眠ったふりをしていて。

自分勝手なお願いをごめんなさい

 

なにせ、この狭い部屋ふたつ、

私とあなた、別々の部屋に

仕切り無く、お互い生まれた時から

”初めまして” ですから、

お互いがお互いの存在に気付いても

もしかしたら恋はおろか

友情なんて生まれないでしょうね。

 

そして、私たちは

私たちのどんな意見も虚しく

食べられてしまう身ですから

もしも、

もしもここで恋が生まれたとしても

永遠に繋がれないですね。

 

 

世間から隔離された二つの世界

 

 

単純だ

 

私には生まれた時から

あなたにしか恋出来ない

 

同じように

あなたも生まれた時から

私にしか恋できない

 

 

恋をしてごめんなさい

 

死ぬときは一緒でごめんなさい

 

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »