« なにこのバトン。 | トップページ | 彼がサドルを見捨てた瞬間でした。 »

2008年11月 1日 (土曜日)

サンタさん、匂いを下さい。

テストが終わって

浮かれてついバトンに走りました。

どうでも良いこと書いてすみませんでした。

反省はしてません。

 

バトンで何回か恋愛の事に

ついて聞かれて色々考えました。

 

今回は自分の恋愛について

書いていこうとおもいます。

どうでも良いひとは

読み飛ばしたほうがいいです。

 

昔から恋はしてました。

相手は変われどもいつもいつも

恋してたかな。

いつも目で追っちゃう、相手を。

自分キモいなと思いながら

目で追う、だって好きなんだもん。

 

昔の恋はー…。

恋とか付き合うとかそういうの

よく分からなくて、よく欲とか

まるだしにしてました。

それは束縛っていうのかな。

今では恋相手に対して

束縛は一番したくない事です。

 

恋をしたら、相手が欲しくなる

じゃないですか。

 

でも最近じゃなんか変わってきて。

相手が好きだけど、

相手が欲しいけど、

だから告白して付き合う、ってのは

ちょっと進みたくない方向。

 

なんていうんですか、

絶対浮気してほしくないとか、

絶対けんかしたくないとか、

他の女の子みないでほしいとか、

常に思ってるわけじゃ勿論ないけど

微量はあるわけね、もちろん。

相手を自分の物にしたいけど、

全部自分の物にするなんて絶対無理。

いや、全部自分の物にしたいなんて

思ってないけどね。

でも多少は諦めを持っていた方が

良い気がする。妥協?

 

まあそういう、相手に対する

欲求、要求が自分の中で

生まれちゃった時点で相手に

とっては負担な気がして。

 

でもやっぱりそういう気持ちが

生まれると、「ああこの人が

ほんとに好きなんだな、」って思える。

 

 

誰にも知られないうちに、

「この人は自分と合わない」って

自分自身で察さなきゃ、

自分の中だけで終われない。

 

最近恋愛がわからない。

 

でもね、恋愛してる時の

あのふわふわした感じ、

和んだり笑ったり、幸せな時間は

とてもすき。

相手の行動から何かを読みとったり

期待したり。

不安でスリルで、、それがすき。

口に出さないで自分の中だけで

ガッツポーズとったり落胆したり。

 

 

人間って面倒くさい。

 

 

 

てゆかさ。

最近みんなオーラがピンクだよ。

おとこもおんなもみんな恋してる。

あいつが好きだとか

あの人が好きだとか。

手をつないだり一緒に帰ったり

ああもう……………

 

和むからやめてくれ

 

幸せそうな男女をみてると

リアルに顔がにやけるんだよね。

自分に彼氏がいないから、

本来なら嫉妬したり妬んだりしても

いいようなとこなんだろうけど、

そのような気持ちは一切うまれない。

 

みんな幸せになればいいと思う。

そりゃいつかは終わりがきても、

みんな幸せであればいいと思う。

 

 

ああだめだ こんな記事書いてたら

和んできた 

 

みんな幸せになってください。

 

だれだ!

なにさまだ自分は。

 

 

 

………恋ね…。

 

 

人肌が恋しいです。

昔からそういう…なんていうか

エロちっくなその、エロ話っていうか

そういう話の輪にはついていけなくて

ですね。純粋とかよく言われてますけど

純粋とかじゃないですから。

苦手なだけですから。

 

そういうたぐいの話は苦手ですが、

 

あれが欲しいです、

なんですか、

異性をだきしめたときの

異性のにおい。

 

お布団みたいな、

シャンプー?

洗剤??

オニャノコからは感じない匂い?

香水とかじゃなくて。

 

 

誰でもいいわけじゃないけど

なんかそれが欲しい。

 

 

寝ぼけてるみたいです。

書いてて恥ずかしくなってきたので

もうねます。ファック。

ここまで読んでくれた方、

ありがとうございました。

是非忘れてください。

ありがとうございました。

 

夜中の話題だとおもってください。

 

今日は九時からバイトです。

こんな文かいたあとに

行きたくないです。

色々考えてしまう。

 

 

女子高生だから仕方ないです。

 

おやすみなさい。

 

|

« なにこのバトン。 | トップページ | 彼がサドルを見捨てた瞬間でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なにこのバトン。 | トップページ | 彼がサドルを見捨てた瞬間でした。 »