« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の10件の投稿

2008年8月23日 (土曜日)

お題:グリム童話「赤ずきん」

「おばあさん、あなたの耳は

なぜそんなに大きいの?」

 

赤いずきんをかぶったこの女の子。

 

ここは、さっきまでおばあさんが

いた部屋の中。

もういないけどね。

 

おばあさん?

俺が喰っちゃった。

今頃おれのお腹の中で

息絶えてるかな。

 

俺はこの赤いずきんをかぶった

女の子に背をむけて

正体がばれないようにした。

 

なんせ、

先ほどまでここにいた

おばあさんは俺の腹の中。

 

この俺、扮する「おばあさん」に

質問をといかけるこの女の子。

 

名前をしらないので

「赤ずきんの子」と呼ぼう。

 

「ねぇ、なぜなの?」

 

赤ずきんの子はまた聞く。

 

「それはね、あなたの声を

よく聞くためよ。」

 

すかさず答えた。

 

「そう。」と答える赤ずきんの子。

 

 

-……ずん

 

俺のお腹を、体内から

押された感覚がした。

 

あのばあさん、まだ生きてやがったか。

 

-……ずん、………ずん、

 

ずん、ずん、ずん。

 

遂に、部屋の中に響き渡る

音でお腹を押しやがった。

 

さすがに赤ずきんの子も

この音に気付いて、

 

「おばあさん、この音、何の音?」

 

 

ぎくり

 

やっぱりバレてる。

どうしよう、なんて言おう。

 

 

もういいや、この子も喰っちまうか。

 

 

 

「それは、俺のお腹の中に

君のおばあさんがいるからさ。」

 

 

瞬間に、俺は赤ずきんの女の子に

顔を向けていた。

 

赤ずきんの女の子は、

おびえた顔…………………

 

  

え…?

 

 

 

女の子、

 

の隣には、見知らぬ男。

帽子を被って、上下薄緑の

作業着。

 

…猟師?

 

今おれが猛烈に焦ってる理由は、

 

その男が両手に構えてる銃。

銃がこちらに向いている。

 

ちょっとでも動いたら

今にも弾が飛び出してきそうだ。

 

銃口を見つめながら

俺は冷静になる。

 

赤ずきんの女の子は、

猟師の男の後ろに身を隠してる。

 

 

 

だめだ、逃げ出せない。

 

 

 

 

「……わかった。」

俺は降参することにした。

下手に撃たれて死にたくない。 

 

 

 

 

両手をあげた。

「降参すr……

 

 

 

 

 

俺がここまでしか

喋れなかった理由。

 

猟師が俺が喋ってる途中に

俺に向かって銃を打ちはなった

からだ。

 

おれは猛烈な痛みとともに、

お腹の中のばあさんが

いまどうなってるのか気になった。

 

 

女の子は目を両手で押さえてる。

 

 

俺はダーン!!と音を立てて

倒れた。

 

仰向けにしてて見えないけど、

撃たれた場所は、

多分血にまみれてるだろう。

 

 

 

俺の意識はだんだんと薄くなっていく。

 

いやだ

しにたくない

 

たすけて だれか たすけて

 

朦朧としていく意識の中。

かすかに猟師と女の子の

声が聞こえる。

もうすぐ俺は死ぬのかな。

 

俺が死んで

俺の筋肉が硬直したら

 

 

俺の中にいるおばあさんは

一応まだ生きてるのに、

一生出てこれないのかな。

俺の中から。

今さらどうでもいいけどさ。

 

 

 

猟師は赤ずきんの女の子に聞く。

 

「おばあさんの正体は狼だった

みたいだね。」

 

「そうね。」

女の子は意外にも冷静だった。

 

 

「多分……君のおばあさんは

僕が今殺した狼のお腹の中に

いると思うんだけど……。

多分一緒に死んじゃったかも

しれないんだ……。」

 

申し訳なさそうに猟師が言った。

 

「…………そう。

仕方ないわ。ありがとう猟師さん。

狼からわたしを助けてくれて

ありがとう。」

 

女の子は深々と頭をさげた。

 

そしてチラチラと女の子の

様子を気にしながら猟師は

「ごめんね、」と何度も謝りながら

森の中へ帰っていった。

 

女の子は暗い表情で

猟師を見送った。

 

猟師が見えなくなると、

家のドアをゆっくり閉めて、

 

こちらの方をクルッとむいて。

 

 

 

あ、俺まだ死んでない。

意識は朦朧としてて、

傷口はすげぇ痛くて。

それでもまだ死ねずにいる。

 

そろそろ死ぬ予感がする。

野生の勘だ。

 

女の子は俺の近くに

ちょん、とすわって。

俺のお腹に手をおいた。

 

 

さあ、おばあさんに

最後のお別れをするんだお嬢ちゃん。

 

 

俺の上に置いた自分の手をボーッ

と見つめながら。

 

 

 

 

嬉しそうに、

「さようなら、おばあさん!」

 

 

 

 

 

え!?

 

 

 

…………

 

 

 

俺が聞いた女の子のあの

顔と言葉の意味を知りたかったけど

 

 

 

 

 

 

 

もう俺は死んじまってた。

 

おわり

| | コメント (1)

2008年8月22日 (金曜日)

13日の金曜日tea break

あしが かゆい

 

 

ねむい

 

ねむがりになってる。

 

 

ふとんがこいしいのかな。

 

 

そういえば、足にガラスの破片が

刺さりました。

 

いんやぁ、そんな大きくはないんですけど、

奴、すげぇ痛いんですよ!!

 

切ってとんでった爪くらい、

書いててとんでったシャー芯くらい、

 

そんなちっぽけな大きさの

鏡のガラスの破片なのに、

めちゃくちゃ痛いんです。

 

量こそ多くないものの、

血が出るわ出るわ。

 

階段を踏むときに

チクッとしてたまらない。

 

 

たとえるなら、喉にささった

魚の小骨かな?

 

 

いつもどこかでチクッとして、

小さいくせに気になって

気になって仕方ない。

 

 

そんな存在。

やるじゃねーか。

 

 

そろそろ鬱陶しくなったので

シメようかと 除去しようかとおもって。

 

 

ピンセットで傷口つついたら

痛いでやんの。

 

え、なにこれ

なにこの痛み。

なにこの痛み。

 

 

なに チクッ って。

 

 

 

悪戦苦闘しながら

抜こうとする。

 

悪戦苦闘しながら

抜こうとする。

 

 

あ、抜けた。

ちょっとだけ血だらけになって

出てきたのは

透明で尖ったガラスの破片。

 

 

 

(・∀・)いたかった。

 

 

 

 

そらにかえりたいです。

 

| | コメント (0)

2008年8月20日 (水曜日)

繰り返しネガ

そいえば、今日家の近くの

セブンイレブンに烏龍茶買いに

行った時。

 

うちの近くのセブンって、

あたしの元中の知ってる人が

わりかし働いてるのね。

 

その人たちの中で、

顔はなんとなく知ってる、

自分より年下っぽい女の子が

働いてるんだけど、多分こっちだけが

知ってる。

 

よくセブンに行くと働いてるのが

見えるんだけど、

 

きょう、その子にレジ打ってもらったら、

初めてはなしかけられた。

  

 

 

「近くのサンクスで働いて

ますよね??」 

 

 

 

(゜Д゜!)

 

 

おぎゃあ

 

 

 

烏龍茶の長いストローつけますか、

って聞かれて「あ、お願いします」って

いった直後の出来事です。

 

そのままもちろん会計にはいると

思ってた刹那の話なんで

とてもびっくりしました。

 

 

「あ、 あ はいそうです」

 

おもわず挙動不審に。

 

その後も、挙動不審になりながら

会話を続けました。

 

 

これから、顔合わせたらどんな

反応したらいいのかわからない 笑

 

とりあえず、うれしかったです。

 

 

あ、ちょっと

お手洗ってきます。

 

 

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火曜日)

さむい

眠れないので

ここに適当に思いついた

メモを残していきます。

 

眠ってないけど

ねっぼけってまーっす

 

 

 

わたしの体からでる涙は、

横向きに寝ているときも、

直立してるときも、

 

いかなるときも、

地面と垂直に落ちる。

抵抗もせず、ただただ垂直に

おちていく。

 

 

わたしの体からでる血液は、

横向きに寝ているときも、

直立してるときも、

 

いかなるときも、

地面と垂直に落ちる。

抵抗もせず、ただただ垂直に

おちていく。

 

なみだにせよ

けつえきにせよ

それがわたしの体からでた

なんらかの「悲鳴」や「助けを求める声」

なら、

 

とても素直な表現の仕方だと思った。

 

 

 

なんかもう、わかんねー

 

何が言いたいのかわかりませんー

 

 

ああー

今日バイトなのに><

寝なきゃいけないのは

わかってるけど

 

ねたらいけませんな気がする。

 

とりあえず起きててみます。

 

変なテンションになっちゃって

バイト先の人とお客様に迷惑

かけることだけは

しませんよーに。 

 

 

昼夜逆転してる人

おやすみなさい。

 

| | コメント (0)

ノンストップ:浴室

 

っどぷん─…

 

狭い浴槽のなかに、

体をあおむけに「つ」の字に丸めて

全身を冷水のなかに

 

「埋める」

 

目をつぶる、

鼻の穴を指でつまむ。

 

全身に冷水がささる、

心地が良い。

 

寒い空気も、

熱い空気も、

痛い刺激も、

刺さる他人の視線も、

入り込んで浸食してく

他人の言葉も、

 

いまここの「世界」では

全部一時的に僕を避けていく気がする。

 

それもそのはず、

戸と壁で「浴室」をつくり、

四角い箱のなかに水をためて、

空気すら通さない「浴槽」、

 

の中に僕は居る。

 

言葉は入ってくるかもしれない、

この冷水の中に、

 

そして

僕のなかに。

 

 

だけど、それを除外すれば

僕は多分、自由だ。

 

僕は多分、敏感にならない。

傷つかない。

 

時間が経てば息こそ苦しくなるが、

僕にとって此処ほど

気持ちの良い場所はない。

 

 

ここから出たら、、、、

また「刺さる」色んなものに

ぶちあたる。

避けてとおれない。

寒気も、熱気も、

己の弱さからくる自責も、

ある意味「見えない」視線も、

罵声も、痛い刺激も、

 

あんな物に当たるくらいなら、

現実から遮断された、

 

 よくそうのなかに

  ずっといたい

 

 

ここは誰で

ぼくは何処。

ここは浴槽の中の水の中で、

ぼくは僕だ。

 

わすれたくとも

わすれない。

 

僕は今、

僕なりの「自由」な世界にいて、

願わくばずっとここにいて、

いつかは自分のプロフィールも

自分の居場所も、

自分の事全部忘れられたらとさえ

おもってる。

 

でも1秒後、もっと早いかな、

もしかしたら光くらいの速さ、

機械的な瞬発力で、

 

僕は僕に現実をみせる。

 

「僕はここで、僕は誰々。」

 

見せたくないことは確か、

でも無意識に自分に見せている。

 

 

それは

 

僕が「現実」に

少なからず未練を抱いているからか。

 

「自分を忘れる」という事は

事故的にしか行えないからか、

自己の力ではどうにも出来ない

仕組みだからか。

 

 

現実から遮断された場所で、

現実を考える。

 

 

結局現実からは逃げられない。

 

 

僕はとても深い悲しみと

自動的にうまれた諦めを持って、

ほぼ酸素不足からなる限界を

原動力に、

 

浴槽から「飛び起きた」。

 

 

呼吸は僕の体を生かすと同時に、

現実の匂いを僕の体に焼き付けた。

 

呼吸が出来る場所(浴室)と

呼吸の出来ない場所(浴槽)とで

 

 

 

どっちが僕にとっての幸せか

かんがえた。

 

 

 

浴槽の中にもう一度戻ること、

浴室から出てまた生活に戻ること、

 

 

 

僕は浴槽に還りたい。

 

| | コメント (0)

LEMONTEAさすがDouble

あわあーー

 

ねむい

……くない!!

 

わがスリムワンセグ携帯は

規制がかかってまして。

着うた無料配布掲示板

などに足をふみいれたりそんな

高校デビューみたいな事は

許されんのです。

 

再度いうけど

規制がかかってるから。

 

ドキドキワクワクしながら

そんな類のサイトに入ろうものなら、

無機質な白い背景に

黒いシンプルな文字で

なんちゃらかんちゃらの為

このサイトは利用できません…、と。

 

 

わぁぁぁ

 

 

だっけっどー♪

曲を携帯さまに入れたいときは、

ダウンロードなんてものは使いません。

 

 

なぜって?

流行に流されるのが嫌いだからさ!

 

 

………かうんたーぱんち

 

本当はダウンロード出来るような

とこは有料制でびびっちまって

はいれないだけなんですぅ

 

 

なっのっでー♪ヽ(´ω`)ノ

 

CDやYOUTUBEにイヤフォンを

繋げて携帯のマイクにあてて

曲を録音するという滅茶苦茶

原始的な方法をつかって携帯の

中に曲を入れてます。

 

なぜって?

いやだからさー、

流行に流されるのがきらいだk

 

アンパーンチ!

 

そんなこんなで結構

暮らしにくい携帯ライフを

過ごしてますが。

意外に楽しいです。

 

3分08秒しか録音できないですけど。

音わるいです><

録音中は雑音はいったりしないか

結構ドギマギします><

3分しか録音できないから選曲は

面倒です><

 

 

いや、でも

 

録音ライフ、結構たのしいお?

 

 

 

なつやすみー……。

 

休んでる気がしない。

ちょっと夏休みらしい事しても

すぐに宿題とかバイトの事が

頭をかすり、「うぅー><」、となる。

 

 

でも、カラオケ行ったり、

ホットケーキつくったり、

バイト先で、パンの検品の時に

死ぬほどプライドかけて20分くらいで

終わらせて店内冷房効きまくってて

寒いくらいなのに汗だくになったり、

 

たのしいよ(^ω^)

 

九月こなくていいよ、ええ。

 

 

あああー

 

お酒になりたい

 

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土曜日)

暴風クリネックス

【暴風クリネックス】:ものがたり

 

クリネックス:ティッシュの名前

 

 

例えばネピア(ティッシュの名前)

殴り合いをしたら。

 

まるでのれんに腕押し。

 

手応えがない。

 

 

そこでお互い休戦し、

箱に戻ってかんがえます。

 

クリネックスは、身軽になって

敵(ネピア)からの攻撃を避けようと、

もともと二枚重ねで一枚というスタイル

を崩し、自分の身から一枚ティッシュを

はぎとり、

ただでさえヒラヒラと頼りないマイボディを

さらにヒラヒラすけすけにし、

体重をかるくして

瞬発力を鍛えました。

 

一方。

 

ネピアは頭を悩ませていました。

 

-クリネックス……

 

名前は違えど同じ「ティッシュ」

このまままた突撃してしまえば

クリネックスにまんまとやられてしまう。

 

このまま体当たりしても、

お互いからだの軽さは同じで、

どっちも飛ばされて終わるだろう。

 

ならば体重を重くして

身体を固くして、クリネックスの

骨をバッキバキにしてやるまでだ。

 

ネピアは、見てる人がいないのを

確認し、急いで

水たまりに向かってダッシュ。

 

ジャンプ。

 

不自然に飛んで、

無造作におちていく。

 

やがてネピアティッシュは

水面に静かに染みわたり。

 

思っていたとおりになれました。

 

 

水を最大限まで含んだネピアティッシュ。

おもさは、人間様とは比べようが

ないが、自分的には

とてもとても重い体重に

なれました。

 

ネピアティッシュは、

「ゾウさん並」と

呟き、急いで

クリネックスティッシュの元へ

ダッシュしました。

 

身体が重い。

きっとクリネックスからの

パンチを華麗にキャッチ。

カッコイイオレ。

きっとクリネックスの骨を

バッキバキにして、再起不能にしてやんだ。

 

いざ 対戦。

 

 

あれ、

 

…クリネックス、痩せた?

あれ、ものの何分かで

激痩せしてるぜ。

なんでなんだぜ。

 

クリネックスもネピアと

おなじ目でネピアをみていました。

 

敵に対する思いはおなじ、で、

それに備えた個々それぞれの格好。

 

クリネックスとネピアは、

しばらく微動だにせず

お互いをみていました。

 

おたがいは、

相手の思惑が読みとれません。

 

なぜ体重を減らしてきたクリネックス!

 

なぜ体重を増やしてきたネピア!

 

 

お互いアクションをおこさないまま

時間だけは過ぎていきます。

 

 

 

ビュオォォォォ

 

 

まえぶれもなく、暴風。

まえぶれもなく、無言のパンチ。

 

 

濡れた肌にあたる風は

まさに涼風。

ネピアは風を楽しみました。

 

 

一方。

 

 

1/2の体重をへらした

クリネックスは、抵抗も出来ないまま

見えないパンチにからだが

うばわれていきます。

 

なにこの無抵抗。

 

うわぁ 思ってたより力がでない。

 

風か、

風ね。

 

その発想はなかった。

 

 

ネピアティッシュ、おまえは

すごいんだなあ。

風が吹くことを想定して

身体をわざわざあんなにびしょびしょに

して重くしたんだろう?

風が吹くなんて、自分には

そんな発想は。

 

 

飛ばされながら、クリネックスは

そんな事をぼうっとした視界の中で

思った。

 

 

つぎ生まれるときは

ネピアみたいになろうかな。

 

クリネックスがそう思いながら、

半ば「クリネックスとして生きていく」

事を諦めてゆっくり目を瞑ったのは、

 

目の前に大きな川があったからで。

 

自分の今の体重じゃもはや

力もまともに出なくて。

 

 

 

このままとばされていくんだなあ。

 

 

  

 

飛ばされていったクリネックスに

ネピアが気付くのは、

風がやっと止んで

あたりがまた静かになった頃。

 

ネピアが戦いに勝ったことを

悟るのも、

またその頃。

 

 

 

じぶんの身体が乾いたら、

今度はじぶんのからだも

飛ばされていくことも気付かずに。

 

 

【暴風クリネックス】おわり。

 

おやすみ

| | コメント (1)

2008年8月 9日 (土曜日)

マイクの先Scream

アニャニャー

 

 

ああー…。

 

なんか足が

 

 

ついにきました。

土曜11時間労働

日曜11時間労働

 

 

もちろんきょうもそうだったんだけど。

 

つかれてた。

 

最後らへんとか自分何喋ってた

っけみたいな。

 

たぶんかなりからみずらい。

 

あれだよ、11時間共にしてきた子に、

長いこと一緒にいるとなんか

おまえめんどくさいみたいな事

いわれました。

 

めんどくさいってなによ!ヽ(`ω´#)ノ

 

 

あ、さいきんよくバイト先の

店の中でよく虫さんが死んでるんだけど。

 

なぜわざわざ店内で死ぬw

 

 

タバコ補充しようと思ってトレー開けたら

へんな色した蛾が死んでて

目がちぎれるかとおもった。

 

 

あ、ねむい。

あしたも11時間。

  

 

あ、

 

 

今日一時間休憩とって良い

はずなのに、あたしと一緒に

やってた子も30分しか

やすんで ない。

 

 

おつかれ。

よくねてください。

 

 

 

あしたもがんばるね。

 

 

 

おやすみなさい。

Good night

 

 

 

怖い絵」っていう本がほしい。

 

本屋に売ってたけど

高かった。

 

ほしい、ほしい。

 

 

 

まいいや。  おやすみ。

 

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月曜日)

sun.

わたしは生まれ変わったら

そらの天気をあやつる

神様になります。

 

あわよくば、地上に、

雨を降らせません。

 

あめがすきな人ごめんなさい。

雨が降った方が都合がいい人、

ごめんなさい。

 

でも私の今の頭じゃ、

もう精一杯に考えても

みんなが幸せになる方法が

思いつきません。

 

そして地上にいるもう1人の

わたしが、雨にへこたれないように、

 

地上にいるわたしが

君を傷つけないようにします。

 

いつも晴れで、

いつも真っ青な空。

 

天気をあやつる神様のあたしは、

どれだけ雨雲や雷さまに

怒られてもいいから、

 

いつでも地上を晴れにする。ヽ(^ω^)ノ

 

自然の水が必要な

地上の土や葉っぱには、

地上のあたしががんばって

水をあげるから、

 

 

 

 

もうだれも傷つけたくない(*^ω^)

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金曜日)

固まる小麦粉doughnut

今日はきっさんのママに

髪の毛すいてもらいました。

 

ヽ(´ω`)軽くなった、あたま!

 

わざわざほんとに

ありがとうございました!

その帰りに、平塚で花火大会

やるって聞いたのできっさんたちと

海岸ちかくの公園で見ました。

 

花火がドーン!てなるたびに

そらに音が振動してて面白かったです。

核爆発だ!ってはしゃいでたら

ぶたれました。

 

ヽ(`ω´)ノシャー!!!

 

興奮さめやらぬ間にママに

撮った花火の動画送ったら、

しばらくしてかえってきて、

 

「へー」

 

これだけ。

あとはよくわからない絵文字。

ふんだ!鼻セレブが。

 

あー…夏休みの課題…(´ω`;)

 

やりたくない。

バイトと部活と遊びを

頑張るだけじゃいけないんですか。

 

夏休みに ここぞとばかり

課題出すってことは、夏休みは

遊んじゃいけません!って事かな?

てめっ……!!!!

 

学校からポイされたくないので

課題がんばってきます……。

 

 

 

(´ω`)うずうず

 

 

(>ω<*)……!!

 

 

ヽ(´ω`*)ノどーん!!!!!

 

(´ω`)ゝ 花火のマネ へへ

 

 

lovepsychedelico熱唱しながら

課題やってきます。(ω)

 

 

あたまがかるい♪(´ω`●)

あ、頭が空っぽって意味じゃないお!!

 

 

おやすも

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »